VRニュース

【食×AR】ARによる、その場で実物大のメニューを再現する「menuR」がローンチ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

XR(AR/VR)技術を用いたサービス開発を手掛ける会社ワクザワ(本社:東京都中野区)は、ARで飲食店のメニューを現実空間に表示可能なサービス「menuR」をローンチしました。

https://prtimes.jp/i/61739/1/resize/d61739-1-802855-2.jpg (引用元)

menuR(メニューアール)とは

 AR技術を活用し、飲食店のメニューを現実空間にそのまま再現出来るサービスです。実物大で映し出されるため、これまで平面的な画像では認識し辛かった食事のボリューム感、サイズ感を明確にイメージすることが出来るようになり、メニュー選びで迷うこともなくなると言えます。

「menuR」開発の背景

 テイクアウトやデリバリー販売を行う飲食店が急増してきました。電話やインターネットで気軽に注文が出来るようになったことで、今まで行ったことのないお店で購入する機会が増えています。一方、初めてのお店で購入する場合、注文時に見るチラシやwebサイトのメニュー画像からは、商品の大きさまでは分かりません。そのため、届いた料理が想像していたものよりもサイズが異なる、量が異なるといった問題が生じてきます。

 「menuR」は、ARを活用し、立体的に本物のサイズのまま、料理を現実空間に映し出すことが出来ます。大きさだけに限らず、様々な角度から近付けたり離れたりでき、食事の質感もリアルに再現します。イメージと異なる商品が届いてしまうガッカリな感情を抱くことなく、具体的にイメージさせることで、待ち時間をワクワクに変えるサービスです。スマートフォンからいつでもどこでもご使用いただけるため、テイクアウトのみならず、店内でのメニュー選定時にもおすすめです。

 5G時代において、ARを始めとしたXR(AR、VR、MRの総称)技術がさらに加速すると考えています。今後は飲食店向けのみならず、様々な分野でもサービスを展開していく予定。

導入方法

 飲食店側が準備をするのは、ARで表示したい食品のみ。食品を撮影し、メニュー画像を3Dデータ化、専用メニューサイトへの表示まで一貫して行います。

https://prtimes.jp/i/61739/1/resize/d61739-1-502233-3.jpg (引用元)

< menuR>
https://wakuzawa-inc.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*