VR活用事例

VR動画配信サービスのまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VRと言えば、ヘッドセットと一体と捉えられるのが一般的かも知れませんが、VR動画の視聴は、実際のところ、専用のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)やVRゴーグルなしでも可能で、パソコンやスマートフォンで操作しながら視聴するという方法が徐々に普及してきています。

ここでは、VR動画配信サービスのいくつかをご紹介します。是非、興味のあるサイトを見つけて、楽しんでみてください!

YouTube

 多くの方に馴染みある人気動画配信サービス、YouTube。ユーチューバーと言う新たなクリエーターとしての枠を生み出し、一気に名の知られるところとなりました。

 動画を視聴可能なYouTubeでは、VR専用のチャンネルが設けられています。VR動画を視聴出来るサービスの中で、最もVR動画の数が多く、無料で視聴出来ます。対応デバイスが多いのも魅力で、初めてVR動画を視聴する方にとっては、ピッタリです。

 PCやOculus Go/Quest向けとして「YouTube VR」が配信されており、PSVRとスマートフォンであれば、YouTubeアプリから視聴も出来ます。

 通常の2Dチャンネル同様、オリジナルVR動画のアップロードが可能。瞬時に、世界中の人々と繋がることの出来るVR動画配信サービスとなっています。

 YouTubeで、「VR」、「360度」と検索することで、数多くのVR動画が表示されます。通常の2D動画は大画面で、360度動画は周囲を見回しながら楽しめます。

 VR動画の中でダントツに人気なのは、ジェットコースター動画。約8,200万回再生されています。

https://www.youtube.com/channel/UCzuqhhs6NWbgTzMuM09WKDQ?gl=JP&hl=ja

viemo 360Cinema

 動画共有サービス「Viemo」では、VR動画を視聴することが出来ます。

 日本ではYouTubeの人気が高いですが、Viemoも世界的に知られています。

 高品質のVR動画を視聴出来るのが特徴で、VR動画を楽しむというよりは、制作担当者の方に適していると言われています。

https://vimeo.com/channels/360vr

360Channnel

 2016年よりサービスを開始した「360Channel」は、360度動画専用のプラットフォームを備えた動画配信サービスです。

 アイドル、観光、文化、バラエティ、スポーツ、ライブ配信など、多数のオリジナルコンテンツが360度動画として配信されています。マルチデバイスに対応した高品質な無料コンテンツや、有料(レンタルや購入)コンテンツも揃っています。

 特徴としては、VR動画専用のサービスサイトで、現在は一般ユーザーがアップロード出来ず、運営者側が認めたVR動画に厳選されているため、一定のクオリティが保証されています。

 視聴は、専用のVRゴーグルを1台用意することで、好きな場所で楽しめます。

https://www.360ch.tv/

ハコスコストア

 株式会社ハコスコが運営する、VR動画配信サービスです。

 ハコスコストアの特徴は、アカウント登録を行えば一般ユーザーもVR動画をアップロードすることが可能であるという点です。自身で撮影した360度VR動画を投稿し、多くの人々とコンテンツを共有。SNSのような感覚で楽しめます。

 無料と有料のVR動画があり、大学のバーチャルキャンパス、エンターテインメント、音楽ライブ、特撮、アニメーションなど、多様なコンテンツが用意されています。

https://store.hacosco.com/

WithinVR

 アメリカのスタートアップ、Wihtinが運営するVR動画配信サービスです。

 海外製のVR動画を楽しみたいという方に、おすすめです。

 スマートフォン、Daydream、Gear VR、Oculus Rift、PlayStation VR、Steam VR、Viveport、WebVRなど、主要なHDM(ヘッドマウントディスプレイ)に対応しており、プレイステーションVRやOculusを普段から使用している方で、専用HMD(VRゴーグル)をお持ちの方は、直ぐにでもお試しいただけます。

 世界のニュース、ドキュメンタリー、音楽、アニメーションなど、様々なVRコンテンツが配信されています。

https://www.with.in/

Google Spotlight Stories

 グーグルの提供するVR動画配信サービス「Google Spotlight Stories」は、まるでその場に居るかのようなリアルな仮想空間の中で、インタラクティブなストーリー展開を楽しめます。

 沢山のコンテンツが用意されており、出来るだけ高画質のVR動画を楽しみたい!という方にとっては、最適なアプリです。 

 ダウンロードしてから視聴を開始するため、ロード時間に悩まされることはありません。また、ダウンロード容量は、最大でも300MBを超えることがなく、手軽に視聴可能です。

 ゴーグルの有無を問わず楽しめる仕様であるため、VRの没入感を体験したい方に、特にお勧めです。

https://atap.google.com/intl/ja/spotlight-stories/

Littlstar

 アメリカのVR会社が提供するサイトです。

 Little Star Mediaが提供する「Littlstar」は、世界のトップブランドであるDisney、WWE、Discovery、National Geographicなど、没入感のある360°VR動画コンテンツを体験出来るVR動画配信サービスです。

 iOSとPSVRに対応しています。VR動画の配信サービスをスマートフォン等の端末で利用する際は、データ量が大きいため、Wi-Fiの環境下で視聴することをおすすめします。

 Littlestは「Little VR Cinema」という日本語版のアプリもリリースしており、日本市場にも注目していることが伺えます。

https://littlstar.com/

NetFlix VR

 「Netflix(ネットフリックス)」は、音楽、国内外の映画、ドラマ、テレビ番組、アニメーションを始め、オリジナル作品を多く扱っている動画配信サービスです。日本でも認知度は上がって来ていますので、知っている方も多いのではないでしょうか。

 Netflix では、VR向けアプリの配信も行っています。視聴には、Netflixのアカウントが必要です。アカウントは有料で、月額の一定料金を支払うことで、視聴し放題になります。

 いくつかのサービスプランが用意されており、視聴する端末や利用人数により、自分にあったサービス内容で契約し、利用出来ます。

 NetflixのVR向けアプリに対応するデバイスは、Oculus GoとOculus Quest。VR向けアプリは、動画の画面サイズを自由に変更することができ、大画面で映像を楽しめます。また、Oculus Goはヘッドバンドがゴム製で、寝転んでも邪魔になりにくいのが特徴です。

 スマートフォンとPSVRからも、Netflixの視聴は可能です。スマートフォンではNetflixアプリを起動し、動画を再生した状態でVRゴーグルに装着します(視聴中の画面操作は、不可)。PSVRは、シネマティックモード機能から3サイズの画面で、視聴出来ます。

https://www.netflix.com/jp/

huluVR

 人気のアニメ、映画、テレビ番組を始め、オリジナルコンテンツを月額933円で見放題で楽しめるVR動画配信サービスです。

 スマートフォン、PC、タブレット、ゲーム機、TVなど、様々な機器に対応しています。

 今後、Huluアプリがサポートを継続するのは、Oculus RiftとGear VRのみになります。

https://www.hulu.jp/static/?cmp=10011&utm_medium=cpc&utm_source=google&utm_content=brand&utm_term=search&utm_campaign=JP_DM&waad=9AyjVjFa&gclid=CjwKCAjw27jnBRBuEiwAdjQXDBRFWsAzVjpbVolZjjri8h0-_AJpGYCZE7PkgeTEn0Ja2sk6paKceBoC2C0QAvD_BwE

HBO

https://www.hbo.com/silicon-valley/silicon-valley-virtual-reality

 アメリカのワーナー傘下のケーブルテレビ局である、HBOが提供するVR動画配信サービスです。

 HBOが放送するコンテンツや映画を、スマホアプリで配信。Daydreamに対応しており、迫力のある大画面でVRコンテンツを視聴出来ます。

dTV VR

https://pc.video.dmkt-sp.jp/index?cnt=hn000065

https://pc.video.dmkt-sp.jp/ft/x0004001

 dTV VRは、NTTドコモが配信する、スマートフォンでいつでも手軽にVR動画が楽しめる人気のVR動画配信サービスです。

 一部のレンタル作品を除き、約12万のコンテンツを月額500円で視聴出来ます。

 アプリは、国内最大級の動画配信サービス「dTV」が提供するVR視聴専用のアプリです。

 最大の特徴は、コンテンツの多さ。浜崎あゆみ、BIGBANG、AAAなどの音楽3D映像や、トゥルルさまぁ~ずといった有名番組のVRなどが楽しめます。

 また、ゴーグルの有無に限らず、アプリだけで360度パノラマが楽しめるのも魅力です。

niconico VR

 株式会社ドワンゴが提供する「niconico VR」は、ニコニコ動画(生放送)をVRで見ることの出来る視聴アプリです。

 視聴には、niconicoのアカウントが必要です。

 ニコニコ動画の特徴である「流れるコメント」を、大画面で見ることができ、文字検索は不可ですが、コメントの投稿、マイリスト機能、タグ検索などが可能です。

https://www.oculus.com/experiences/go/1050036025028695/

Amazonプライム・ビデオ(アプリ・ブラウザ)

 2019年7月下旬、Amazonは、VRヘッドセット用の映像プラットフォームアプリ「Prime Video VR」を米国と英国向けに配信を開始。

 後に、一体型VRゴーグルの「Oculus Quest」と「Oculus Go」のストアにて、日本向けに公開しています。日本ではダウンロード出来なかったソフトが日本語化され、利用出来るようになっています。

 アプリの価格は無料で、利用には、別途Amazon.co.jpのプライム会員登録が必要です。

 アマゾンプライム会員は、VRヘッドセットを使用して「Amazon Prime Video(Amazonプライム・ビデオ)」と360度動画を視聴出来ます(現状でも、VRデバイスで「Amazonプライム・ビデオ」を視聴することは、可能)。非会員は、ブラウザ版と同様に作品を購入することで映像を視聴出来ます。VRゴーグルを装着し、PSVRではシネマティックモード機能を利用し、スマートフォンではPrime Videoアプリを起動して、動画を再生すれば視聴は可能(視聴中の画面操作は、不可)。

 Prime Video VRの対応VRヘッドセットは、Oculus Quest(オキュラス クエスト)、Oculus Go、Gear VRです。ダウンロードは、無料。

 Oculus GoとOculus Questの場合は、標準で搭載されているブラウザからアマゾンへアクセスし、PCから動画を視聴するのと同じ方法で視聴出来ます(画面操作は、再生と停止のみ)。

DMM VR

 「DMM.com」は、アイドル、ホラー、ミュージカルなど様々なジャンルで、約4,000作品を扱っている動画配信サービスです。

  視聴には、DMMのアカウントが必要です。

 PSVRでは、「DMM.comアプリ」のVRモードで、VR動画を視聴出来ます。また、専用アプリのDMM VR動画プレイヤー(Windows MR版は「DMM MR動画プレイヤー)では、2D動画と360度動画を視聴出来ます。視聴は、すぐに視聴可能な「ストリーミング再生」、もしくは、低・中・高画質の中から画質を選べる「ダウンロード再生」を選べ、通信速度を気にせずに動画を楽しむことが可能です。

 2020年5月17日、Oculus Goに公式対応しており、アプリ内ではコントローラーで、ページの移動、画面のスクロール、動画のシークバーの操作などが行えます。

VR MODE

 「VR MODE」では、コンサート会場の最前列から迫力あるアーティストのライブを生配信、アーカイブで楽しめる作品を始め、人気タレント、アイドルのシナリオVR映像、VR写真集など、没入感溢れるオリジナルVR映像を配信しています。

 機能的特徴は、一眼(2D)モードと二眼(VR)モードを搭載し、お客様の視聴環境に合わせた最適な映像を、自宅に居ながら手軽に楽しめる点です。VRの迫力をより体験出来る二眼(VR)モードでは、VR対応のVRゴーグル、VRレンズ、VR専用デバイス(HMD)を使用することで、より没入感を得られる体験が可能です。また、スマートフォンのみで楽しめる一眼(2D)モードでは、画面をスワイプ、またはスマートフォンを傾けることで、180度好きなアングルで映像を楽しめます。

 見ている部分のみを高画質で送信し、再生する独自アルゴリズムのパノラマ超エンジンを導入することで、5Gの高速回線を導入していない4GやWi-Fiなどの環境下でも、データ通信量を抑えつつ、高画質で視聴出来ます。

https://vrmode.jp/

VIDEO Clipper

 2017年1月17日に公開された、iOS 8.0を搭載したiPhone/iPad/ iPod touchアプリの「VIDEO Clipper(ビデオクリッパー) v1.3」で、360度VR動画を投稿、視聴出来ます。インターフェイスでは、マルチアングルのライブ動画を配信、視聴が可能です。

 外部カメラは、全天球映像の標準フォーマットであるエクイレクタングラー形式のライブストリーミングに対応しており、視聴者は、端末の動きに合わせて、動画内の視点を変更でき、360度好きな視点からライブストリーミングを視聴出来ます。こういった試みは、新たな音楽の楽しみ方と言えます。また、投稿、視聴を許可された人のみ参加可能なプライベートモードも設定可能です。

https://clipper.events/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*