VRニュース

Oculus Quest 2を使用し、手軽にバーチャルライブ配信!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VRライブプラットフォーム「VARK」を運営する株式会社VARKは、βテストとして、Oculus Quest 2を使用してバーチャルライブイベント開催が出来る新機能「VARK LIGHT STAGE」を発表しました。

VARK LIGHT STAGEとは

 バーチャル上に存在するライブハウスとして、動画配信とは異なる新たな形態のインターネット上の活動場所を提供することをコンセプトとし、2018年にリリースしたVRライブプラットフォーム「VARK」を大型アップデート。より多くのライブ体験を提供するために拡張した新機能です。

 誰でも、安価に、手軽に、どこからでもバーチャルライブイベントの開催が可能になります。
配信者は、「Oculus Quest」「Oculus Quest 2」から配信可能です。
視聴者は、「Oculus Quest」「Oculus Quest 2」及び「Android版 VARK」「iOS版 VARK」から参加可能です。

5つの機能

1.ライブ機能
3Dでのバーチャルライブ配信システムを、無料にてアーティストにご提供。
ご自身でライブを開催でき、またどなたでも​開催されるライブに参加が可能。

2.アバター機能
自分だけのアバターの利用が可能。
VRM形式のモデルをアップロードし、オリジナルのアバターを用いてバーチャルライブイベントを行えます。

3.楽曲選択機能
用意されている楽曲を選ぶだけで、手軽にライブ開催が可能。

4.自動演出機能
独自開発AIにより、自動でステージの演出が可能。

5.ギフト機能
アーティストに、収益還元が行われる仕組みもあります。
従来のVARKと同様、バーチャルならではのギフトで、アーティストに対して気持ちを届けることが可能。

リリース時期

 2020年12月中、Oculus Store、Google Play、Apple Storeの各ストアで配布中のVARKアプリにアップデートが反映され次第のリリースとなります。

Oculus Quest 2について

 PC不要で、移動やモーショントラッキングが可能なスタンドアローンVRヘッドセット。
https://www.oculus.com/quest-2/

今後の展開

 自動演出の機能向上、オリジナル楽曲アップロード機能の開発で更なるライブ体験の向上、アーティスト様ご自身で価格設定可能な有料チケット機能、ステージ解禁機能の開発で楽しい配信体験、1対1での音声会話機能、握手会機能の開発により、ファンとバーチャルアーティストが出会える体験を目指しています。

■ お問い合わせ

https://tayori.com/form/d5e7b155321e73215f6c7843544554e368ca50b9

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*