VR活用事例

CES 2021に見るテクノロジーのトレンド傾向

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 毎年アメリカのラスベガスで開催される電子機器の業界向け見本市、CES。2021年の今年は、1月11日~1月14日の期間で、初のオンライン開催となりました。

 CESを主催するCTA(Consumer Technology Association)が、同期間に、2021年のテクノロジートレンドを発表しています。CTAによるテクノロジートレンドの発表は、毎年恒例で、その年の出展内容をまとめ、今後の動向を見据えたものとなっています。

 1年の技術動向やトレンドとなり得るものが知られることから、注目されています。2021年は、前年度からの新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大に伴い、大きく変化していく年として、イノベーションの変革が加速するのではないかという見解がなされています。

 CES2021に登壇したCTAリサーチ部門バイスプレジデントのSteve Koenig(スティーブ・ケーニグ)氏は、英国の経済学者であるChristopher Freeman(クリストファー・フリーマン)氏の発言を引用し、こう語っています。「経済が厳しい状況であればあるほど、イノベーションは加速する。実際に、新型コロナウイルス流行により厳しい環境下に置かれていたが、テクノロジーによる大きな変革が起こった。」

 そして、実際に起こった変革例として、マッキンゼーの調査結果を紹介。

 Eコマースにおいての配達は、8週間で10年分の量に急増し、遠隔診療は、15日で10倍に増加しました。また、ストリーミングビデオの利用は、5ヶ月で7年分相当に増加。Netflixが7年間かけて5000万ユーザーを獲得したのに対し、サービスを開始したばかりのディズニー+は5ヶ月でそれを達成したと言います。

 「新型コロナウイルスの流行は、様々なデジタル技術の活用を早送りで進めた。」と、ケーニグ氏は語っています。

 こうした変化の中、CES 2021で今年の鍵となる技術トレンドとしては、以下の6つが挙げられました。

  • デジタルヘルス
  • ロボットとドローン
  • 5G
  • デジタルトランスフォーメーション(DX)
  • 自動車技術
  • スマートシティ

 デジタルヘルスにおいては、予防診断などを実現するために生活面で健康情報を取得するデバイスや、遠隔診療などを含めた患者のケアに関する技術、逼迫する病院や医師の業務の効率化に貢献する技術などが注目されています。

 特に、通信機能を持つヘルスモニタリングデバイス市場は、2020年以降増加傾向にあるという見方で、2024年には12億4600万ドルの市場に成長すると予測。

 加えて、医療業界へのロボット技術の導入や、診断におけるAI活用、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)といったXR技術の活用なども挙げられています。

 ケーニグ氏は、「医療やヘルスケアの分野において、デジタルトランスフォーメーションが加速する。」と述べ、デジタルトランスフォーメーション(DX)も、さらに加速すると見ています。

 デジタルヘルスもDXの一環と言えますが、その他の分野においても、リアルだけでは業務の遂行が困難となった業界でデジタルシフトが進むと考えられています。

 「例えば、ジムなどフィットネス業界が一例だが、デジタルシフトによりデジタルフィットネス市場は、30~35%増加したと言われている。また、教育や裁判などの領域でもデジタル化が進むと見ている。」と、ケーニグ氏は語っています。

 人の移動や行動が制限される中で、今後活用拡大が加速すると見られているのが、ロボットやドローン。

 新型コロナウイルス感染拡大における体制下では、清掃や配達、小売業、その他ロボットが急増すると見込まれています。

 実際、紫外線照射器を搭載し、病院やオフィスなどの環境を消毒するロボットなど、新しいロボット技術の開発や活用が進められています。

 また、ロボットやドローンを使用する自律配送などの研究開発の進化が期待されています。

 アマゾン、UPS、CVSといった配送システムとも関係し得る、自動車関連技術のトレンドについても挙げられています。

 MaaS(Mobility as a Service)や、C-V2X、自動運転技術、電動化などの技術に、注目が集まっています。

 ケーニグ氏は、「特に、V2X関連において、新たな技術が様々登場している。人やモノとクルマがダイレクトにコミュニケーションを図ることで、また新たな価値を生み出せる。」と、語っています。

 こうした技術の基盤となるものが、5G。

 ネットワーク拡大状況を、世界地図で知ることが出来ます。5Gは、グローバルに広がりつつあり、新たなサービスの展開などが期待されています。

 また、関連技術として、タッチレス認証技術や音声認識技術、消毒技術、ソーシャルディスタンスを確保するための支援技術、リモートコラボレーション技術などの発展を予測しています。

 ケーニグ氏は、「デジタル技術を活用し、都市での活動や生活そのものがリアルに人と人との接触に至らないものとなれば、新型コロナウイルス感染拡大下においても、安定した生活を送ることが可能となる。」と述べています。

 ここまで紹介してきた技術などを組み合わせれば、スマートシティ、スマートワークの進展にも、関連していくのではないでしょうか。2021年は始まったばかりですが、今後も続いていく技術の進歩、業界の動向に注視していく必要がありそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*